2016年02月28日

落書

「あたしは『ライナスの毛布』じゃないのよ」
それはあまりに洒落た訣別の言葉だったので、ぼくはいっぺんに蓉子のことが好きになってしまった。
どきどきした。なんて素敵な言葉を持つ女性だろう。正直言ってこんな言葉を持っているとは知らなかった。それまで彼女に抱いていた印象、「退屈」だとか「平凡」だとか、そういった印象が吹き飛ぶ。ぼくが蓉子に求めているものと、蓉子が僕に求めているもの。その差異を極めて端的かつ暗示的に表現できる知性が美しく思えた。愛おしく思えた。
だが。
「今までありがとう。楽しかった。」
惜しむらくは、それに気づいたのがこの別れの場面である、ということだ。
「ああ」
それに引き換えぼくは、そんな返事とも言えないボヤけた言葉を蓉子の背中に掛けただけだった。
後悔の念は、ある。しかし後悔していても仕方ないので、洟をかんで店を出る。


posted by 淺越岳人 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。